バークシャー・ハザウェイの資産構成

今週の日経ヴェリタスに、バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイのポートフォリオと利益構成が上手にまとめて掲載されていましたので、引用・転載しておきます。

以前、世界の富裕層のポートフォリオを掲載したことがありましたが、バークシャー社のポートフォリオは、不動産がなくて株式の比率が高くなっている以外の点では、次のように、やはり債券と現預金への資金配分がきちんとなされています(数字は構成比)。

      バークシャー   富裕層
普通株     40      29
現預金     24      17
債 券     23      31
不動産      0      18
その他     13       6

バークシャー社のポートフォリオで特徴的なのは、現預金の比率が約1/4を占めていることであり、この比率は一定に維持する方針のようです。この点は、当室も参考として取り入れている概念で、たとえフル・インベストメント状態であっても維持するルールとしています。

同社の利益構成を見ますと、投資会社として出発したバークシャー社は、2000年以降一般事業会社の買収により、コングロマリット化して行く方針のようです。

画像

画像
 (グラフはいずれも日経ヴェリタス2011.05.08より転載)