2月14日以降の当室のポートフォリオ

2月14日の日銀の1%インフレターゲット設定により、当室の運用方針も変更となっています。

白川日銀総裁の発言は、日本国内に対しては大したインパクトは無かったのかも知れませんが、外人に対しては方針が数値的に明確化したためにバーナンキFRB議長並みのインパクトがあったのではないでしょうか。円安効果も介入時以上に効力が持続していますし、国内は外人買いで株高方向になっています。

2月14日付けの当ブログ記事にもそれらしいことをすでに書きましたように、それ以降の当室のポートフォリオは次のように大幅に変更しています。資金投下対象は、主としてJ-REIT投信と個別J-REIT株であり、成り行き上、両者合計でポートフォリオの約半分にまでなってしまいました。

当面、このポジションで様子見とする方針です。

画像

画像