キプロスは破綻回避、国内2位の銀行整理へ

キプロス危機の続報です。

ブルームバーグによれば、結局、新たな合意では、EUの預金保証の上限である10万ユーロより少額の預金は全額保護されて、最大手のキプロス銀行の保証対象外の預金者は最大40%の損失負担が求められ、2位のキプロス・ポピュラー銀行の優良資産はキプロス銀が引き継ぐということです(※1)。

一方で、政府が84%の株式を保有するポピュラー銀は整理され保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額が失われる見通し、とされています。

しかし、カットされる大口預金者の多数はロシア人の様であり、ロシアが黙ってこの処置に応じるのかどうかについては多少不安定な部分が残る予感がします。

とはいえ、微速後進は停止です。


[以下、引用]
◆(※1)キプロスは破綻回避、国内2位の銀行整理へ-支援条件で合意/ブルームバーグより

3月25日(ブルームバーグ):キプロスは100億ユーロ(約1兆2300億円)の金融支援と引き換えに支援国などから求められた国内銀行システムの縮小を受け入れ、無秩序なデフォルト(債務不履行)とユーロ圏離脱という事態を免れた。

債務危機再燃や市場の混乱を回避するための徹夜の交渉の末、キプロスのアナスタシアディス大統領はドイツが率いる債権団の圧力を受けて、国内2位の銀行キプロス・ポピュラー銀行の整理に同意した。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は25日未明、ブリュッセルで記者団に対し、「最適な解決策というものはなく、厳しい選択肢しかなかった」と説明した。

キプロスは16日にいったん債権団および国際通貨基金(IMF)と救済策で合意したものの、19日になって支援の条件とされた預金課税法案をキプロス議会が否決したことで、キプロス問題は振り出しに戻っていた。

キプロス合意を受けユーロは上昇。フランクフルト時間25日午前11時3分現在は前週末比0.2%高の1ユーロ=1.3018ドル。

ドイツのショイブレ財務相は25日記者団に、同日の合意によって「キプロスの状況を安定させることが可能だ」と述べた。メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と統一会派を組むキリスト教社会同盟(CSU)のハンス・ミヒェルバッハ議員は「慎重ながらも安堵した」と述べた。

アナスタシアディス大統領がファンロンパイEU大統領、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ラガルドIMF専務理事らと暫定合意に達したことで交渉の行き詰まりは打開された。その後、ユーロ圏財務相会合で合意内容が承認された。

小口預金は全額保護

ECBは25日を最後にキプロスの銀行の生命線である緊急流動性供給(ELA)を打ち切る可能性があると通告。キプロスの指導者らは、金融システムの規模を縮小する新たな策を提示した。

新たな合意では、EUの預金保証の上限である10万ユーロより少額の預金は全額保護される。2人のEU当局者によれば、最大手のキプロス銀行の保証対象外の預金者は最大40%の損失負担が求められる。2位のキプロス・ポピュラー銀行の優良資産はキプロス銀が引き継ぐ。

政府が84%の株式を保有するポピュラー銀は整理され保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額が失われる見通し。優先債保有者はキプロス銀行の資本増強にも貢献する。

キプロスの国内銀は新たな通告があるまで引き続き営業を停止する。

当局者によると、キプロス議会は既に銀行再編に関する法案を可決しているため、あらためて採決する必要はない。債権者側はドイツとフィンランド、オランダの3カ国で、ユーロ圏の恒久的な救済基金である欧州安定化メカニズム(ESM)からのキプロス向け融資に議会承認が必要になるもよう。

原題:Cyprus Salvaged After EU Accord Shuts Bank in Euro Bailout(2)(抜粋)
更新日時: 2013/03/25 20:20 JST
[以上 引用/マクロ経済動向と資産運用形成研究室]