収入と資産に関する参考データ

ダイヤモンドザイ6月号に、個人の収入と資産に関する参考となるデータが掲載されていましたので、転載しておきます。確かに、平均値よりは中央値で理解する方が、世間一般の実態を正確に表現しているように思います。

たとえば、住宅ローンを借りる場合は、内入れ返済を視野に入れて年限短縮も何とかなるだろう、くらいに軽く考えてしまいますが、100万円でも貯めて内入れ返済するのは結構しんどい話で、現実には何年もかかります。当室管理人も、何度か内入れ返済はしましたが、住宅ローンは現在まだ残存していますし、定年後も少し残る計算になります。サラリーマン一般とはそうしたものだと思います。

画像
 (ダイヤモンドザイ2013.06号より)

画像
(ダイヤモンドザイ2013.06号より)