ソロス氏、世界の市場は2008年のような危機に直面-用心が必要

ソロス氏も本格的に中国経済の危機的現状に確信を持った様子です(※1)。

「金融市場には深刻な難題が見られ、私は2008年の危機を思い出す」という発言からは、かなりの激震を予測しているニュアンスが感じられます。

すでに当室のポジションはそれに対応したものとしていますが、日本株についてはまだ残高がありますので、残念ながら多少の思い切りが必要かも知れません。

[以下、引用]
◆(※1)ソロス氏、世界の市場は2008年のような危機に直面-用心が必要
2016/01/07 19:06 JST

(ブルームバーグ):世界の市場は危機に直面しており投資家は大いに用心する必要があると、富豪のジョージ・ソロス氏が警告した。

スリランカのコロンボで開かれた経済フォーラムで7日に語ったソロス氏は、中国が新たな成長モデルを見つけるのに苦戦しており、人民元の切り下げが問題を世界中に飛び火させていると分析。金利の動向は新興国・地域に難題を与えると指摘した上で、現在の環境は2008年に類似していると付け加えた。

年初の株式市場は波乱に見舞われ、6日までに世界で時価総額約2兆5000億ドル(約294兆円)が失われた。

ソロス氏は「中国は調整に関して大きな問題に直面している。私に言わせれば危機と呼んでいいものだ。金融市場には深刻な難題が見られ、私は2008年の危機を思い出す」と語った。
原題:George Soros Sees Crisis in Global Markets That Echoes 2008 (2)(抜粋)
[以上 引用/マクロ経済動向と資産運用形成研究室]