当室のポートフォリオ2020.02.29

1ヶ月飛ばしてしまいましたが、現在のポートフォリオは次の通りです。日米株ともに結構な新型コロナ暴落となり、当室も含み損が拡大してしまいました。しかしながら、当室は現金ポジションが高いので、フル・ポジションの投資家ほどの打撃は回避できているものと思います。これからまだ下落するのかどうかという見極めは困難ですが、FRBの利下げが今月3月にあるとしても、中国で生じている経済的打撃の世界的影響の大きさを考慮すれば、当面は世界の株価は下落基調と見ておくのが無難だと考えます。もともと米国株は、バフェット指標から判断しても上がり過ぎでしたから、まだもう少し下落しても不思議ではありません。日本株(日本経済)は、昨年10月の消費税増税が悪手であり、それに新型コロナのマイナス影響が加わったため、相当な規模の赤字国債発行によるテコ入れが必要な場面となっています。しかしながら、安倍政権が大規模な赤字国債発行(10兆円以上)によるテコ入れを図る可能性は極めて低いため、日本株はまだ相当な下落となりそうです。遠くないうちに20000円は軽く割り込むものと思います。今回の新型コロナ暴落は、新型コロナ感染の収束メドがまだ立たないために、今週一度底打ち反転するとしても、その後にまだまだ追加で下落しそうです。しばらく現金を握って様子見とする所存です。
20200229.png

この記事へのコメント