米国で不穏な動きの噂。当面ポジションは現状維持。

米国情勢については、またまた怪情報が錯綜しています。

まず、ワシントンDCに、6000人の州兵が入って警備体制を敷いている、というのは、画像も流れているので本当だと思われます。1月6日にトランプ大集会が開かれ、一部の暴徒が議会の建物へ侵入したという情勢を受けて、州兵が投入されました。1月21日までワシントンDCを警備する予定という話もあります。

未確認情報では、その1月6日の議会侵入の暴徒の中に、米軍特殊部隊が混ざっていて、ナンシー・ペロシ下院議長を始め、各議員のPCを接収したという噂があり、それPCの内容を証拠として、国家反逆罪でナンシー・ペロシ自身が米軍に逮捕されたという話まであります。このあたりは確証はありません。ナンシー・ペロシは、11日にもトランプ弾劾法案を下院へ提出すると報道されていましたので、逮捕が本当であれば、11日には事実のほどが判明するはずです。

また、リンウッド氏のパーラーによるツイートで、トランプ大統領が近いうちに緊急放送を実施するという話が流れています。これが本当であれば、トランプ放送はここ1-2日の話だと思われます。日本時間の11-12日には、米国で大きな動きがあるかも知れません。

その他、中国では停電が継続。習近平が手術後療養で所在不明。バチカンで停電と道路封鎖。なにやら、不穏な関連も囁かれています。

当面、1月20日までポジションは現状維持とするしかないでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント