トランプ大統領、取引により対中方針転換か

トランプ大統領の判断として、1月4日に何かが生じた可能性大です。 まず、ペルシャ湾に派遣されていた空母ニミッツ。これが米国本土へ向けて帰還命令が出されていたものを、何故か帰還命令が撤回され、ペルシャ湾へ継続配備となっています。 そして次に、大統領令によって、1月1日にNY上場廃止が決定されたチャイナテレコムなどの中国の3大通…
コメント:0

続きを読むread more