テーマ:投資手法・投資対象

2018年は米国利上げの状況を注視

米国の長短金利の逆転(逆イールド)は、今年一番の注目点だと思います(※1)。 通常ですと、長短金利は順イールド、つまり短期金利が低くて長期金利が高いのが正常な姿と言えます。それは、「今後金利が上昇する」とマーケット参加者が考える状況下にあるからで、金利上昇予想=好景気予想ということですから、経済は成長過程にありますし、株価も上昇し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の収入の会社員でも「資産1億円」は可能! 億超えを果たした人の傾向を分析

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)普通の収入の会社員でも「資産1億円」は可能! 億超えを果たした人の傾向を分析 普通の収入の会社員でも 「資産1億円」は可能だった! 資産1億円なんて、どうせ他人事。あまりに数字が大きすぎて、多くの人は自分に縁遠いものと思うところだが、実際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道されぬ2020年危機。日本経済があと3年で「どん底」に落ちる3つの理由=藤井聡

2019年10月に予定されている消費税増税(8%→10%)は確実に日本経済にマイナスの影響を与えますので、その点は注意が必要です(※1)。 一方で、経済とは直接は関係ありませんが、陛下のご退位が2019年4月30日と決まり、元号も変更となります。元号が変更となる時期には、何故か不思議と日本経済には激震が走ります。 昭和2年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦闘機6機

11/28付けの記事ですが、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。なお、NHK NEWS WEBによれば、本日11/29未明にまた北朝鮮がミサイルを発射して日本海に落下しました(※2)。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石油、天然ガス市場の近未来(勝つのは、米国)

参考記事として、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)もう中東に用はない。シェール革命で米が捨てた「火薬庫」の運命 2017.11.25 マグマグ・ニュース by 北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』 かつてのアメリカにとって極めて重要度の高かった中東ですが、「シェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方

大局的に見て、現在の相場水準は、まだ大丈夫という感じの様です(※1)。米国経済が堅調ですし、その割にバブルに対する警戒発言がちらほら出てきていますので、そうした場合はまだ弱気の投資家が一定数存在している正常なマーケット状態ということになります。 言い古されていることですが、バブルの最中は、ほとんどの人が強気になっています。そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017への投票をしておきました

何年かぶりに、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017へ投票しておきました。 投票しておいたのは、次の2つだけとしました。 ①JASDAQ-TOP20指数ファンド・・・3点 ②楽天・全米株式インデックス・ファンド・・・2点 ①については、小型株の中でもジャスダックやマザーズの比重をかなり高くした投信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」 2017.11.14 ZAKZAKより 問答無用の布陣だ。米海軍の原子力空母3隻、ロナルド・レーガン(左端)ニミッツ(左から2隻目)、セオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資の世界で「最も偉い人」はこの人だ!

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)投資の世界で「最も偉い人」はこの人だ! 山崎 元:経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 2017.11.1 ダイヤモンド・オンラインより 投資の「偉人」が日本にいない理由 大型書店に行って、投資に関する本が並んでいるコーナーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在の投資方針について

様々な投資方法などを検討しつつ現在に至っている当室管理人ですが、現段階では個別株からは完全に撤退し、ETFと投信に限定した投資としています。 のんびり長期投資という性格ではない当室管理人にとっては、個別株はどうしても博打的な要素が強くなってしまいます。また、個別株の業績判断には時間と労力がかかりますし、そうした根気も年齢的に薄れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領「環境整えば会談」 半島情勢は小休止

トランプ大統領は、北朝鮮側と対話の機会を持ちそうな様子を見せています(※1)。直接対話が実現すれば、実利的な取引がなされる可能性もありますが、北朝鮮の核放棄は相当に難題だと思います。根本的解決にはまだ時間がかかりそうですが、取りあえずは小休止という感じでしょう。 中国経済も相当に要注意状態と見えますし、投資ポジション的には軽くした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サラリーマン大家」がハマる3つの落とし穴  ローコスト・ローリスクで儲けるなんて甘い

東洋経済オンラインに少し参考になる一文がありましたので、引用しておきます(※1)。 当室管理人は、不動産の現物投資は手がけておりません。リートはともかく、アパートやマンションなどの不動産投資の利回りというものは、相当高くないと割が合わないという認識でいます。10%程度の利回りではまだダメで、15%以上は必要ではないでしょうか。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年収700万円男性 お金持ちの真似をして3000万円貯める

年収700万円男性 お金持ちの真似をして3000万円貯める・・・ たまにはこうした投資記事も当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)年収700万円男性 お金持ちの真似をして3000万円貯める 2017.04/14(金) 17:01配信 マネーポストWEBより お金持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金持ちになるには 人の3倍 「働くか、人脈と情報をもつか、勉強するか」のいずれか

自戒の意味も含めて、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)お金持ちは「人の3倍○○する」 億万長者への道 お金持ちは、冷暖房を我慢しない。 贅沢しろと言っているのではない。 衣食住をケチると、結局損をするからだ。 まず、年収1年分、できたら3年分の貯金を貯め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に怖いのは、トランプよりもFRB/山崎 元氏

山崎元さんの相場観が現代ビジネスに掲載されていましたので、転載しておきたいと思います(※1)。 要点としては、仮に今後「トランプ・ラリー」が続いたとして、ドル高でも、ドル安でも、遠からぬ時点で相場の転換点が待っている公算が大きいので、内外の株式の投資額を少し減らすような調整をそろそろ行いたい。ただし、決して、半分とか全部とかといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米投資家に占める強気予想の比率は88% 3年先の20年末の日経平均の予想/平均は2万6400円

日経新聞に掲載されていました米国投資家の予想記事(日経平均とドル円相場)を当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)日本株に米投資家の冷めない熱気 編集委員 滝田洋一 2017/1/15 5:30 トランプ次期米大統領による当選後初の記者会見。米国の貿易赤字問題で中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当室のポートフォリオ

H29年1月8日現在の当室のポートフォリオは次のようになっています。先月来、かなり現預金ポジションを高めて来ていますが、今月中にもう一段日本株を処分する予定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産は今から買うのはやめたほうがいい 今のうちに2017年の金利上昇の影響を考える 山崎 元氏

久しぶりに山崎元さんの相場見通しが掲載されていましたので、転載しておきたいと思います(※1)。株価については、金利情勢上から少し歯切れが悪く持ち高の一部処分という判断となっていますが、不動産については購入停止、という所見となっています。 当室としては、利確できるものは利確してポジション的には軽くし、ひとまず現金比率を高める処置とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンク/孫氏「投資、さっそく検討」 プーチン氏、肩に手回し立ち話

日経新聞、読売オンラインの記事を当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)(※2)。 [以下、引用] ◆(※1)孫氏「投資、さっそく検討」 プーチン氏、肩に手回し立ち話 2016/12/17付日本経済新聞 朝刊 ソフトバンクグループの孫正義社長は都内で開かれた「日露ビジネス対話」に出席したロシアのプーチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプバブル崩壊でドル98円へ、市場は「はき違えている」とUBS

当室は購買力平価にドル円相場が収斂するという微妙に不正確な説を採用しておらず、それよりはまだチャートの方が確度が高いと考えていますが、いずれにしても今回のトランプ相場の上昇程度はスピード違反の領域にあるものと思います。 その点の反転によるリスクは下記のブルームバーグ記事の指摘する通りです(※1)。しかしながら、1ドル98円のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、中露に圧力 真珠湾訪問、日米「真の和解」アピール

安倍総理は、米ハワイを26、27両日訪問し、オバマ大統領とともに真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する予定です(※1)。 先般、諸外国に先んじて大統領に未だ就任していないトランプ氏に面談して点数を大きく稼いだわけですが、その反面、「まだ大統領は私だ」とオバマ大統領に苦情を言われたらしい(?)ので、一石二鳥の挽回策として浮上したのが今回のハワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貯金1000万円の人が実はしない行為…少額出費の連鎖で全然貯金できない人との違いとは

貯蓄というのは、投資家としては投資のタネ銭を蓄積する上でも、また普段の緊急の支出に備える意味でも、根幹となる基本事項と言い得ます(※1)。 貯蓄をする手段としては、まずは給与の天引き貯蓄か銀行口座自動振替えが無理がないので、第一の方法だと思います。 当室管理人は、天引き貯蓄はしていませんが、給与入金口座での自動振替え貯金は行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンク孫氏:11兆円規模ファンド、「応募超過」で調達完了近い

ソフトバンクの孫さんがぶち上げたこの投資ファンド11兆円(※1)、サウジアラビアを巻き込んで一体何に投資するのか、その投資先が不明瞭という印象で、またまた孫さんの大風呂敷と思っていましたが、先般当ブログで取り上げたロシアからの売電ケーブル敷設の話とつなぎ合わせてみますと、奇妙に符合する実態のある話として納得感が出てきてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたを億万長者にする「健全な思い込み」と「投資脳」の鍛え方=山田健彦

MONEY VOICEの投資関係記事には見るべきものがあり、今回投資の心構えに関するものを抜粋引用しておきます(※1)が、改めて投資に対する姿勢としては、本質的にパッシブではなくアクティブでなければならないと感じます。 パッシブ投資で相場が上がろうが下がろうが、それと分かっていてひたすら我慢するというのは、左脳的に偏りすぎで投資姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン氏とも会談 北方領土の鍵握る「孫正義ペーパー」

海底ケーブルを敷設してロシアが日本に安い電力を売る。ソフトバンクによるロシアと日本を結ぶ極めて壮大な電力供給構想が登場し、ややびっくりという話ではありますが、コスト計算などに具体性があり、全くの眉唾物とも言い切れません(※1)。 大方の人たちは、またまた孫さんの大風呂敷が、ということなのでしょうが、仮に安倍総理がこれを認めて本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信用度最低の「最弱リンク」企業増加、金融危機後の水準に迫る-S&P

米国経済の一面を示す指標として、「S&Pグローバル・レーティングによると、格付けが投機的等級の下限で、しかも見通しが「ネガティブ(弱含み)」の信用度が最も低い発行体の数は251に上った。これは264に達した2009年10月以来の多さ」だということです(※1)。 なお、S&Pの定義によれば、次の通り、「格付けが投機的等級の下限」とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

債務残高2600兆円 借金大国中国の危機

大前研一氏の言説がNEWSポストセブンに掲載されていましたので、引用しておきます(※1)。 概ね妥当と思いますが、ただし、同氏による「日本は、オーストラリアやブラジルなどの資源国に比べれば対中輸出に依存していないし、元安によって中国から輸入している食料品、電気製品、衣料品などが安くなり、中国に進出している日本企業のコスト競争力も強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「高学歴のお金持ち」と「低学歴のお金持ち」に寿命の差

NEWSポストセブンに多少気になる面白そうな記事がありましたので、転載しておきます(※1)。 やはり、「真面目で粘り強い性格」が長生きだそうで、それは投資姿勢でも同様な気がします。「楽観的で社交的な性格」の人ほど慎重さに欠ける判断をしがちで、投資でも損が出そうな感じです。一事が万事、ということでしょうか。 中国リスクを念頭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソロス氏はリスク回避姿勢

ソロス氏のポジションについての記事が日経新聞にありましたので、掲載しておきます(※1)。 どうやら金鉱株はすでに処分したようで、代わりに米国株のプット(売り)・オプションを仕込んだ様子です。要するに、米国株はこれから下落すると読んでいるわけです。 当室も、ここのところ現金ポジションを高めていますが、日本株についても余り無理を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「10倍株」を3回つかむ 底値を見抜く投資家の眼力

株価が100分の1になった株に投資するという、投資手法として参考になる部分があると思いましたので、日経新聞マネー研究所の記事を引用しておきたいと思います(※1)。 当室管理人も、低位株、ボロ株のたぐいは結構好きですが、いまひとつ忍耐力に欠けるためか、余りうまく行った記憶がありません。しかしながら、最近は歳をとったためでしょう、かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more