アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マクロ経済動向と資産運用形成 研究室
ブログ紹介
当室はマクロ経済動向を観察しながら、株式投資や投資信託を中心とした資産形成を着実に行う投資家のためのページです。とにかく手っ取り早く儲けたいという方には向いておりません。株式投資や資産形成の前提となる経済情勢や投資方法についても紹介・コメント・研究していきます。

ブログ記事の中には経済理論中心のものもあるかも知れませんが、投資判断上の交通ルールのようなもので、必要と判断したもののみ記載しています。知的遊戯の部類で、興味のある方には面白いのではないかと思っています。

当室は、キャピタル・ゲイン狙いではなく、基本的に年間利回り稼得目的の投資が中心です。従いまして、投資スタンスとしては、中長期保有の分散投資であり、個別株よりは投信やETFを主な投資対象に据えています。売買はスローテンポで行っており、スイング・トレードのようなことは行いません。

個別株は基本的に上げ相場の中でしか利益が出ないものと考えていますので、短期的にはともかく、中長期的にはインデックス投信やETFと大差なく、そうであるならばリスク回避のために最初から投信やETFを主な投資対象に据えた方が着実に利益を積み重ねることができるものと思います。

当ブログ内で紹介している投資対象は、比較的利回りの高い投信や株式(ハイリスクでもあります)が多くなっていますが、安全性も考慮検討して資産形成に資するようにする方針です。面白くても資産を減らしては意味がありません。

株式投資や資産形成を着実に行うためには、自分で設定した投資ルールを厳格に守る強い意思が必要です。

ちなみに、当室管理人の設定している投資ルールは、次の通りです。

[株式投資のルール]
1.株式投資などリスク商品への投資は自己責任。
2.投資前に投資金額の上限枠を設定する(※1)。
3.一度設定した上限枠は、情勢の如何に関わらず死守する。
4.買値から10%下落した場合は例外なく容赦なく処分する(※2)。
5.売買は事務的に処理する。
6.いかに魅力的な株でも集中投資はしない(個別に上限設定)。

(※1)上限枠は、証券口座の残高そのものとしています。口座に資金が余分にあると必ず理由をつけて使ってしまいますので・・・。信用枠もほぼ使用しません。
(※2)ただし、この処分ルールは短期投資の場合に適用するものであり、中長期の場合は適用しません。処分方法は指値よりも成り行きの方が結果がいい様です。

[当室で使用する用語の定義]
■短期・・・1年以内、中期・・・2〜5年、長期・・・5年以上(20年以内)
■当初は長期投資の予定であっても、経済情勢の変化などによって短期処分することもあります。
■円転・・・外貨を円に交換すること。
■円投・・・円を外貨に交換すること。

[重視する指標]
■配当金・分配金利回り
■PBR
■株価チャート
■各国政策金利
■各国財政収支
■為替相場動向

[参照データソース]
■主要各国政策金利  http://www.gaitame.com/market/seisakukinri.html
■各国政策金利(長期チャート) http://www.tradingeconomics.com/interest-rates-list-by-country
◆各国GDP成長率推移 http://www.tradingeconomics.com/gdp-growth-rates-list-by-country
◆各国失業率推移 http://www.tradingeconomics.com/unemployment-rates-list-by-country
■米国10年国債金利  http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/list/commodities
■J-REITデータ  http://yahoo.japan-reit.com/
■海外リート動向 http://www.okasan-am.jp/market/reit/index.html
■外国為替・長期チャート(各通貨間) http://fx.sauder.ubc.ca/plot.html
■各国10年国債利回りチャート http://www.tradingeconomics.com/bonds-list-by-country
■商品相場チャート http://www.fuji-ft.co.jp/newspaper/frame.htm
■日本銀行時系列統計データ検索サイト http://www.stat-search.boj.or.jp/index.html#
■各国のCDS保証料率チャート(いずれもブルームバーグによる)
 日本 → http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=CJGB1U5%3AIND
 その他の主要国 → http://toshukou.at.webry.info/201201/article_12.html
■日本の政府統計総合窓口 → http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
■国民負担率(財務省ホームページ)→http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/241a.htm
■TMAX P/NAVインデックス(J-REITの割高割安) → http://www.tmaxv.co.jp/service_solutions/fund_forecast_latest1.html
■VOLATILITY S&P 500 (^VIX) VIX指数 → http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EVIX&t=5y&l=on&z=m&q=l&c=
■バフェット指標(GURU FOCUS) → http://www.gurufocus.com/stock-market-valuations.php
■米国フードスタンプ受給者数の推移→http://www.fns.usda.gov/sites/default/files/pd/34SNAPmonthly.pdf あるいはhttp://www.fns.usda.gov/pd/supplemental-nutrition-assistance-program-snap
■年収ラボ(サラリーマンの職種別年収比較検索など)→http://nensyu-labo.com/
■マタフ カレンシーインデックス→https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

**************************************************

[お断り]
@当室管理人は特別な裏情報やデータを保有しているわけではありません。すべて公表資料によっています。
A当室管理人は無責任な発言もします。投資判断は自己責任でお願いします。
B当室ブログの掲載内容は前触れ無く変更することがあります。また、情勢の変化によっては追記する場合があります。ご注意ください。
C当ブログとのリンクは自由にしていただいて構いませんが、掲載記事を転載、引用等する場合は、当ブログからの転載・引用であることを明記願います。
D当室の各ブログ記事は、いちいち断りがなくても、すべて上記の前提に立ったものですので、あしからずご了解ください。

■旧ブログ名「株式投資・資産形成事務室」

■ツイッター:http://twitter.com/toshukou
ツイットには時間にゆとりが必要なので、当面できそうにありません。ブログ記事更改報告とフォロー閲覧のみ行っています。

■2015.02.07記:大体毎週1回のペースで書いて来た当室ブログですが、最近は書き物に少し負担感が出て来ましたので、コメント記事は少し減らしまして、主要経済記事を引用掲載するだけの場合も出てくるかと思います。当室管理人の資金運用も、年齢相応にETFやインデックス商品主体に移行しており、個別株は全体の1/4くらいに抑えています。現状はバフェット氏流に(?)米国株ETFの比重が高くなっています。なお、ポートフォリオは定期的に掲載するつもりです。


金融・投資(全般) ブログランキングへ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方
大局的に見て、現在の相場水準は、まだ大丈夫という感じの様です(※1)。米国経済が堅調ですし、その割にバブルに対する警戒発言がちらほら出てきていますので、そうした場合はまだ弱気の投資家が一定数存在している正常なマーケット状態ということになります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/22 18:47
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017への投票をしておきました
何年かぶりに、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017へ投票しておきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 13:55
習近平の愛想の良さが気になる
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/18 07:49
米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/14 21:58
トランプ大統領にとっては貿易問題が第一で北朝鮮問題は第二
東洋経済の記事に出ていましたが、安倍総理とトランプ大統領の間に、政策的重点の認識相違があるのは確かです(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/12 12:14
バブル崩壊 逆イールドで判断(?)
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/11 21:45
「日経平均は下がらない」 億トレーダーが注目する4つの材料
「日経平均は下がらない」 億トレーダーが注目する4つの材料 日経平均は、買いにくいままスルスルと上昇してひとまず小休止、という状態です。今回の上げは買いにくかったため、押し目待ちに押し目なし、という状況下、少額の資金投下しかできておりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/10 21:46
投資の世界で「最も偉い人」はこの人だ!
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/01 08:53
トランプ大統領が安倍首相を頼りにしている理由【評論家・江崎道朗】
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/25 13:29
人民解放軍特殊部隊の潜入作戦検討か
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/17 21:21
半島情勢は、年末にかけて緊張が高まる様相
半島情勢は、年末にかけて緊張が高まる様相を呈しています(※1)。日本は衆議院選挙期間中で10月22日の投票日までは、半島情勢は二の次になっていますが、この間も油断はできません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/15 10:51
小野寺防衛相、北問題で重要発言「トランプ氏がアジア歴訪後に判断」「緊張高まるのが今年の暮れから来年」
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/12 21:48
驚がく!米朝軍事衝突急加速か 北が先制攻撃、日本も標的 選挙期間中に「発射ボタン」の危険
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/05 20:10
カリスマ主婦トレーダーが相場暴落時もロスカットしない理由
今般見かけた下記コラムの「ロスカットは安易にすべきではない」という話には、なかなかの説得力があります(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/23 10:32
10月「核実験」「ICBM発射」強行なら米軍が正恩氏殲滅 潜入済みのCIA工作員
米朝双方、引っ込みのつかない情勢になっているようです(※1)。いろいろな情報が錯綜しています。下記の記事についても確証はありませんが、隣国との戦争だけは避けたいところです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/22 21:23
ミサイルと解散総選挙と株価との微妙な関係・山崎 元氏
東洋経済オンラインに掲載されていました山崎元さんのコラムを引用しておきたいと思います(※1)。要点は次の点です。なお、競馬は当室の所管外ですので、省略します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 18:00
【スクープ最前線】中露も北開戦準備、正恩氏が命乞い 怒りのトランプ氏、文氏の『問題児・裏切り者リスト
在韓米軍家族の移動! これが開始されるようですと、本当の戦争となりそうです(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/22 20:44
極めて優秀な「チーム金正恩」 至高の目標は“金王朝体制のサバイバル”
北朝鮮に対する米国の「大規模な軍事オプションは有り得ない」という基本路線でよろしいかと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 20:29
不動産バブル崩壊シナリオ「東京でも半値に暴落する」と識者・要検討
大事だと思われる記事がありましたので、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 20:09
金融政策の目標は、物価の安定と雇用の確保
日銀自身「金融政策=雇用政策」という意識が欠けていた趣旨の記事が現代ビジネスに掲載されておりました(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/06 15:31
ギリシャ、3年ぶり国債発行再開へ
何と、これは・・・(※1)。ギリシャ国債発行再開ですと! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/25 20:34
米国の継続的な利上げはやや難しいと考えるのが妥当
米国の継続的な利上げはやや難しいと考えるのが妥当 東洋経済オンラインに掲載されていましたが、FRBが「無理に利上げをして、株価が下げてしまえば、景気悪化への道に進むリスクも高まる。これは、米国にとって最悪のシナリオである。原油安を背景に、インフレが上がってこない中で利上げを市場に織り込ませることはかなり難しい」という所見は、妥当性が高いと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/22 18:37
中国主導AIIB、ムーディーズから最上級格付け取得−債券発行に道
なんと、AIIBの格付けが「Aaa」ですと!(※1)。ムーディーズの権威自体もここで最低格付けに低落です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/29 20:17
鉄鉱石、予想外の値下がり 中国の資産バブル潰しが波及
鉄鉱石、予想外の値下がり 中国の資産バブル潰しが波及  原油価格が下落し、鉄鉱石の価格もまた下落(※1)。すべての原因は中国の需要低迷にありそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 19:46
中国、人民元の弱気派を踏みつぶす−金利大幅上昇でコスト急増
中国、人民元の弱気派を踏みつぶす−金利大幅上昇でコスト急増 またまた人民元金利が上昇しているようです(※1)。米国金利の上昇に伴い、資金が米国に移動して中国経済は低迷方向に進まざるを得ないものと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/01 21:44
米空母3隻目、西太平洋派遣へ 北朝鮮抑止へ異例の展開
原子力空母カールビンソンとの交代目的か、米海軍が原子力空母ニミッツ艦隊の西太平洋派遣を決めたようです(※1)。交代により、少なくとも、当面はロナルド・レーガンとの2隻臨戦態勢が維持されそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 17:37
111億円の損失出したソロス氏、米国株の空売り拡大中
ここのところ損失がつづいている様子のソロス氏ですが、現状、米国株の空売りに賭けている様です(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 08:54
現在の投資方針について
様々な投資方法などを検討しつつ現在に至っている当室管理人ですが、現段階では個別株からは完全に撤退し、ETFと投信に限定した投資としています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/21 17:50
アベノミクス、完全に成功…戦後3番目の長期好景気突入、「失われた20年」を脱出
日本経済の現状についは、細かい点では多少の異論はあるものの、概ね高橋教授の指摘通り、アベノミクスは成功しているという採点結果になるものと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/04 17:37
安倍首相 憲法改正し2020年施行の意向表明
政治向きのテーマは守備範囲外ではありますが、安倍首相が、憲法改正し20年施行の意向表明をしましたので、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 20:04
米大統領「環境整えば会談」 半島情勢は小休止
トランプ大統領は、北朝鮮側と対話の機会を持ちそうな様子を見せています(※1)。直接対話が実現すれば、実利的な取引がなされる可能性もありますが、北朝鮮の核放棄は相当に難題だと思います。根本的解決にはまだ時間がかかりそうですが、取りあえずは小休止という感じでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 17:01
「サラリーマン大家」がハマる3つの落とし穴  ローコスト・ローリスクで儲けるなんて甘い
東洋経済オンラインに少し参考になる一文がありましたので、引用しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 16:15
太平洋では空母カール・ビンソンとは別に、空母ニミッツが航行中
「米海軍によると、太平洋では横須賀基地(神奈川県)を拠点にする米第7艦隊の管轄エリアで展開中の空母カール・ビンソンとは別に、空母ニミッツが航行中。政府関係者は『カール・ビンソンに加えて、複数の空母が日本近海に追加派遣される事態になれば、米国が軍事行動を取る可能性が高まる』」(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 21:45
年収700万円男性 お金持ちの真似をして3000万円貯める
年収700万円男性 お金持ちの真似をして3000万円貯める・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 21:15
米西海岸のサンディエゴ基地からも、誘導ミサイル駆逐艦2隻の水上戦闘群が西太平洋に向けて航行
半島に向かっているのは原子力空母カールビンソンだけではありません(※1)。誘導ミサイル駆逐艦もサンディエゴを出港しています。これは容易ならない情勢だと思います。サンディエゴからは2週間ほどで日本近海に到着するはずです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/12 21:48
お金持ちになるには 人の3倍 「働くか、人脈と情報をもつか、勉強するか」のいずれか
自戒の意味も含めて、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/08 10:36
政府と日銀の資産を連結すると、国全体の国債と日銀保有の国債は「相殺」できるが・・・
政府と日銀の資産を連結すると、国全体の国債と日銀保有の国債は「相殺」できるが・・・ 日本の政府債務に関するスティグリッツ教授の発言内容が現代ビジネスに取り上げられていましたので、いまさら感はありますが、掲載しておきたいと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/02 13:21
中国に迫る経済大崩壊 人民元暴落は時間の問題、大混乱は必至
...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 21:35
米FRB、政策金利を引き上げ 経済は「良好」
FRBが3月15日、政策金利を0.25%引き上げることを決めました。政策金利の引き上げは2008年の金融危機以降で3回目。短期金利の指標となる「フェデラルファンド金利」の誘導目標は年0・75〜1・00%の水準となります(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/17 20:37
米利上げ織り込みマネーの流れ一変 不動産・金から流出、日本株は上昇
米利上げ織り込みマネーの流れ一変 不動産・金から流出、日本株は上昇 米国の利上げという眼前の事実に対しては、じたばたしても始まりませんので、これに伴うマーケットの調整作用に従ったポジション変更を実施することになります。日経新聞にマクロ的な取りまとめが掲載されていましたので引用しておきたいと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 08:50
資産価格がバブルに向かい金利の上昇から相場が崩れるまで突っ走る、典型的なパターン
山崎元さんの大局的所見が掲載されている記事がありましたので、部分引用しておきたいと思います(競馬には興味がないので、その部分は省略します)(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/25 17:28
トランプ氏が狙う中国共産党崩壊シナリオ 外資系企業が続々撤退「1億人リストラ」の可能性
断片的情報ではあっても、意外に真相を捉えている情報というものはあると思いますが、ZAKZAKに掲載されていた今回の「テキサス親父」中国情報は、案外その「真相」情報なのかも知れません(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/11 09:35
本当に怖いのは、トランプよりもFRB/山崎 元氏
山崎元さんの相場観が現代ビジネスに掲載されていましたので、転載しておきたいと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/28 08:46
バフェット氏:トランプ次期米大統領の閣僚人選を「圧倒的に」支持 ソロス氏はトランプ氏で市場は低迷
1月20日にトランプ氏が米国大統領に就任し、新政権が誕生しました。投資家としては、バフェット氏とソロス氏の発言に注目すると思いますが、バフェット氏はトランプ次期米大統領の閣僚人選を「圧倒的に」支持するとし、他方でソロス氏はトランプ氏勝利後の株高は終了、トランプ氏の考えは矛盾しており、顧問や閣僚の間で争いが見込まれるためトランプ政権は失敗すると述べています(※1)(※3)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/21 09:55
米投資家に占める強気予想の比率は88% 3年先の20年末の日経平均の予想/平均は2万6400円
米投資家に占める強気予想の比率は88% 3年先の20年末の日経平均の予想/平均は2万6400円 日経新聞に掲載されていました米国投資家の予想記事(日経平均とドル円相場)を当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 12:32
ソロス氏「トランプ相場」で誤算 損失10億ドル近く
トランプ相場では、さすがのソロス氏も翻弄された様子で、かなりの実損を出してしまったということです(※1)。余りにも短期の賭けのような投資は、ソロス氏をもってしても予測困難ということなのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/14 08:23
当室のポートフォリオ
当室のポートフォリオ H29年1月8日現在の当室のポートフォリオは次のようになっています。先月来、かなり現預金ポジションを高めて来ていますが、今月中にもう一段日本株を処分する予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/08 17:47
2017年は再度大幅な円高になる危険性がある
2017年は再度大幅な円高になる危険性がある 2017年は1月から早くも一度円高に振れるのではないか・・・。東洋経済オンラインに当室の危惧している内容と同様な所見の記事がありましたので、掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/08 09:45
短期金利が100%を超え、いよいよ人民元崩落の危機か
日経新聞にも記事がありましたが、人民元の短期金利が、「中国の通貨当局がオフショア人民元の流動性を絞り込み、翌日物金利が一時100%超に急騰した」ということです(※2)。情報元は、『サウスチャイナ・モーニングポスト』が大きく伝えたということのようです(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/07 09:28
中国国債暴落、トランプ・ショックの標的に? 金融危機に波及も
中国経済については、赤信号が点滅しているという注意喚起モードでずっと来ている当室ですが、注意喚起だけでは投資判断につながりません。以前、中国経済の崩壊は2017年メドと予見した記憶がありますが、それは米国FRBの利上げを想定根拠としています。FRBが利上げすれば、資金は中国から流出して米国に還流しますから、金利の上昇スピード次第では、中国経済はいわば「出血多量」状態になると考えられます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/30 10:34

続きを見る

トップへ

月別リンク

マクロ経済動向と資産運用形成 研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる