アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マクロ経済動向と資産運用形成 研究室
ブログ紹介
当室はマクロ経済動向を観察しながら、株式投資や投資信託を中心とした資産形成を着実に行う投資家のためのページです。とにかく手っ取り早く儲けたいという方には向いておりません。株式投資や資産形成の前提となる経済情勢や投資方法についても紹介・コメント・研究していきます。

ブログ記事の中には経済理論中心のものもあるかも知れませんが、投資判断上の交通ルールのようなもので、必要と判断したもののみ記載しています。知的遊戯の部類で、興味のある方には面白いのではないかと思っています。

当室は、キャピタル・ゲイン狙いではなく、基本的に年間利回り稼得目的の投資が中心です。従いまして、投資スタンスとしては、中長期保有の分散投資であり、個別株よりは投信やETFを主な投資対象に据えています。売買はスローテンポで行っており、スイング・トレードのようなことは行いません。

個別株は基本的に上げ相場の中でしか利益が出ないものと考えていますので、短期的にはともかく、中長期的にはインデックス投信やETFと大差なく、そうであるならばリスク回避のために最初から投信やETFを主な投資対象に据えた方が着実に利益を積み重ねることができるものと思います。

当ブログ内で紹介している投資対象は、比較的利回りの高い投信や株式(ハイリスクでもあります)が多くなっていますが、安全性も考慮検討して資産形成に資するようにする方針です。面白くても資産を減らしては意味がありません。

株式投資や資産形成を着実に行うためには、自分で設定した投資ルールを厳格に守る強い意思が必要です。

ちなみに、当室管理人の設定している投資ルールは、次の通りです。

[株式投資のルール]
1.株式投資などリスク商品への投資は自己責任。
2.投資前に投資金額の上限枠を設定する(※1)。
3.一度設定した上限枠は、情勢の如何に関わらず死守する。
4.買値から10%下落した場合は例外なく容赦なく処分する(※2)。
5.売買は事務的に処理する。
6.いかに魅力的な株でも集中投資はしない(個別に上限設定)。

(※1)上限枠は、証券口座の残高そのものとしています。口座に資金が余分にあると必ず理由をつけて使ってしまいますので・・・。信用枠もほぼ使用しません。
(※2)ただし、この処分ルールは短期投資の場合に適用するものであり、中長期の場合は適用しません。処分方法は指値よりも成り行きの方が結果がいい様です。

[当室で使用する用語の定義]
■短期・・・1年以内、中期・・・2〜5年、長期・・・5年以上(20年以内)
■当初は長期投資の予定であっても、経済情勢の変化などによって短期処分することもあります。
■円転・・・外貨を円に交換すること。
■円投・・・円を外貨に交換すること。

[重視する指標]
■配当金・分配金利回り
■PBR
■株価チャート
■各国政策金利
■各国財政収支
■為替相場動向

[参照データソース]
■主要各国政策金利  http://www.gaitame.com/market/seisakukinri.html
■各国政策金利(長期チャート) http://www.tradingeconomics.com/interest-rates-list-by-country
◆各国GDP成長率推移 http://www.tradingeconomics.com/gdp-growth-rates-list-by-country
◆各国失業率推移 http://www.tradingeconomics.com/unemployment-rates-list-by-country
■米国10年国債金利  http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/list/commodities
■J-REITデータ  http://yahoo.japan-reit.com/
■海外リート動向 http://www.okasan-am.jp/market/reit/index.html
■外国為替・長期チャート(各通貨間) http://fx.sauder.ubc.ca/plot.html
■各国10年国債利回りチャート http://www.tradingeconomics.com/bonds-list-by-country
■商品相場チャート http://www.fuji-ft.co.jp/newspaper/frame.htm
■日本銀行時系列統計データ検索サイト http://www.stat-search.boj.or.jp/index.html#
■各国のCDS保証料率チャート(いずれもブルームバーグによる)
 日本 → http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=CJGB1U5%3AIND
 その他の主要国 → http://toshukou.at.webry.info/201201/article_12.html
■日本の政府統計総合窓口 → http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do
■国民負担率(財務省ホームページ)→http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/241a.htm
■TMAX P/NAVインデックス(J-REITの割高割安) → http://www.tmaxv.co.jp/service_solutions/fund_forecast_latest1.html
■VOLATILITY S&P 500 (^VIX) VIX指数 → http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EVIX&t=5y&l=on&z=m&q=l&c=
■バフェット指標(GURU FOCUS) → http://www.gurufocus.com/stock-market-valuations.php
■米国フードスタンプ受給者数の推移→http://www.fns.usda.gov/sites/default/files/pd/34SNAPmonthly.pdf あるいはhttp://www.fns.usda.gov/pd/supplemental-nutrition-assistance-program-snap
■年収ラボ(サラリーマンの職種別年収比較検索など)→http://nensyu-labo.com/
■マタフ カレンシーインデックス→https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

**************************************************

[お断り]
@当室管理人は特別な裏情報やデータを保有しているわけではありません。すべて公表資料によっています。
A当室管理人は無責任な発言もします。投資判断は自己責任でお願いします。
B当室ブログの掲載内容は前触れ無く変更することがあります。また、情勢の変化によっては追記する場合があります。ご注意ください。
C当ブログとのリンクは自由にしていただいて構いませんが、掲載記事を転載、引用等する場合は、当ブログからの転載・引用であることを明記願います。
D当室の各ブログ記事は、いちいち断りがなくても、すべて上記の前提に立ったものですので、あしからずご了解ください。

■旧ブログ名「株式投資・資産形成事務室」

■ツイッター:http://twitter.com/toshukou
ツイットには時間にゆとりが必要なので、当面できそうにありません。ブログ記事更改報告とフォロー閲覧のみ行っています。

■2015.02.07記:大体毎週1回のペースで書いて来た当室ブログですが、最近は書き物に少し負担感が出て来ましたので、コメント記事は少し減らしまして、主要経済記事を引用掲載するだけの場合も出てくるかと思います。当室管理人の資金運用も、年齢相応にETFやインデックス商品主体に移行しており、個別株は全体の1/4くらいに抑えています。現状はバフェット氏流に(?)米国株ETFの比重が高くなっています。なお、ポートフォリオは定期的に掲載するつもりです。
■2018.09.29追記:2018.03.31付を以って会社勤務を辞めてリタイヤし、自宅管理人となりました。資産運用および当ブログについては継続します。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票しました。
飛び飛び参加ですが、今回は忘れずに、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票しておきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/04 20:28
インデックス投信でナンピン継続
インデックス投信でナンピン継続 日経平均は、11/2に1日としては+556.01円と少し上がり過ぎましたので、同日夜NYが下げたこともあり、週明け11/5は少し下げるものと思いますが、どうにか底打ちでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/03 15:15
引き続きインデックス投信の買増し
引き続きインデックス投信の買増し 底値が見えたはずが、更に下がってしまい、含み損が拡大しましたが、個別株は少ししか保有しておりませんので、大きな損失には至っておりません。慌てずにインデックス投信を少しずつ買増しする(ナンピン買い下がりをする)という手法で対応中です。下がっても、大きくナンピンしてしまうと損失がむしろ拡大するという場合が多くありますので、底値に確証が得られるまで少しずつ、微速前進するのが妥当です。               (NYダウ・SBI証券による) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/29 17:17
当室のポートフォリオ(10/23)
当室のポートフォリオ(10/23) 10月23日現在のポートフォリオは次の様になっています。10月の投資方針としては、当室管理人の全体印象として割高な日本株(個別株)の利確(損確)を進めてウエイトを下げ、逆に、処分の容易な日本株インデックス投信の比重を高める方向としました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/23 17:19
どうにか目先底打ちの印象
どうにか目先底打ちの印象 金曜日(10/19)の日米の株価チャートを見てみますと、日経平均の方は一度上昇してから下落して元に戻ってしまいましたが、いずれも、どうにか目先底打ちの印象です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/21 18:05
取りあえずは底打ちの様子(10/16)
取りあえずは底打ちの様子(10/16) 日米とも、チャート的には株価は取りあえずは底打ち感があります。一服してから、更に下げる場合もありますが、RSIが20を割っていますし、チャートの変化率が逓減しているので、目先は底打ちと見られます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/16 15:03
本日10/12も少し投信を買い増し
本日10/12も少し投信を買い増し NYは続落でしたが、日経平均は少しプラスの22,694.66円、前日比+103.80円 (+0.46%) で引けました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/12 15:54
本日(10/11)は大きく下げたので、少し買い増ししました。
本日(10/11)は大きく下げたので、少し買い増ししました。 本日10/11の日経平均は、前日比-915.18 (-3.89%) の22,590.86円で引けました。米国市場の下げに連動する形で、結構大きく下げました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/11 18:45
2019年の株価上昇継続を予想する
日本株については、2019年10月の消費税率引き上げが既定路線として決まっていますので、このままの状況であれば、2019年後半からの株価下落が予想されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/30 10:17
リタイヤメント
個人投資家の方々は、オーリー・リタイヤという言葉が大好きな人たちが多い印象を持ちます。そうでなければ、セミ・リタイヤという言葉でしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/28 18:23
インデックス投資家の中にも隠れアクティブ投資家は結構居るはず
インデックス投資家のブログは多数あり、個人投資家の大勢を占める勢いとなっている印象を持ちますが、本音のところ、インデックス投資家ではあってもアクティブ投資をやりたい人は結構多いのではないかと思います。かのインデックス・ホールド派の重鎮(?)である山崎元さんもその様な発言をしていたことがあったと記憶しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/25 16:59
当室のポートフォリオ(2018.09.23)
当室のポートフォリオ(2018.09.23) 9月23日現在の当室のポートフォリオを掲載しておきます。先月よりは現預金を減らして、日本株と米国株投信の比重を高めました。ポートフォリオは伸縮自在にするのが当室の方針であり、気が多いとも、定見がないとも言い得ます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/24 12:54
ポジション・トーク
株などの金融商品、その他資産運用している人は誰でも、自分が損をしたくないが故に、自分のポジションに不利になる様な発言は差し控えるものですし、逆に有利な展開になる様な発言の方向に傾くものです。それはいわば当然です。これをポジション・トークといいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/12 19:43
退場せずに継続することが大事
リーマン・ショックから10年経ちました。当室もどうにか株式市場から退場することなく、株式投資を継続しています。水瀬ケンイチさんなど、投信積立てなどで黙々と継続投資してきた投資家は、勝者として資産形成に成功している様子が窺えます◆(※1)。同氏は、日経新聞によれば、2002年から昨年2017年末時点までの累計投資額約4000万円が、6400万円に増えているそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/09 10:04
米国株と原油価格の見通し
エモリキャピタルマネジメント代表取締役の江守 哲氏によれば、米国の石油関係の株は、2019年一杯は保有していても大丈夫な様子です◆(※1)。そこから先は、また近づいてから要検討ということでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/04 10:35
現在はバブル経済の1988年から89年の相場に近い/山崎元氏
久しぶりに山崎元さんの大局的相場観が少しだけ掲載された記事がプレジデント・オンラインにありましたので、部分的に引用しておきたいと思います◆(※1)。山崎元さんの大局的相場観は、これまでにも比較的的中して来ています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/30 16:23
当室のポートフォリオ(2018.08.24)
当室のポートフォリオ(2018.08.24) しばらく開店休業状態でしたが、資産運用から撤退したわけではありませんので、ご安心ください。8月24日現在のポートフォリオを掲載しておきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/25 13:40
マイルドな円安局面
FRBによる政策金利運営に関連して、「中立金利」なる単語が使用されていますが、この単語は最近初めて知りました◆(※1)。中立金利とは景気を冷やさず過熱もさせない金利のこと、という定義の様です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/21 10:06
20代の会社員がゼロから1億円を貯める方法/草食投資隊
東洋経済オンラインに掲載されていました資産作りのための表題の記事を引用しておきたいと思います◆(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/05 12:38
仮想通貨を始めた人の大半は、大損をしているはず?
ビットコインについては、投資家によって評価の分かれるところではありましょうが、現状では当室管理人はビットコインには手出し無用と考えています。参考となる記事がまぐまぐニュースに掲載されていましたので、全文引用しておきたいと思います◆(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/04 20:38
当室のポートフォリオ(2018.05.23)
当室のポートフォリオ(2018.05.23) しばらく手抜きをしておりましたので、本日現在の当室のポートフォリオを掲載しておきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/23 15:07
老後に必要な貯金は1000万円?
老後に必要な貯金は1000万円? 老後資金が1000万円で足りるとはとても思えませんが、プレジデントオンラインの記事を参考までに一応掲載しておきます◆(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/22 09:40
世界の物差しで測れば、日本の財政は、ごく普通
日本の財政状態について、森永卓郎さんと当室管理人とは多少見解のずれはありますが、概ね同じような意見の様なので、BLOGOSの記事を全文掲載しておきたいと思います◆(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/17 15:33
日経平均株価は堅調ながら、マザーズ指数は暴落中!
日経平均株価は堅調ながら、マザーズ指数は暴落中! マザーズ指数が冴えません。チャートの雰囲気的にはまだ下に行きそうな印象です(※1)。藤井 英敏さんのコラムがザイ・オンラインに掲載されていましたので、転載しておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/17 17:57
「波乱相場」に個人投資家はどう対応すればいいのか・・山崎元氏
3月28日付けのダイヤモンド・オンラインに掲載されていました山崎元さんのコラムは、先日の当室のぼやきに対する元気付けのような内容でした(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/28 09:42
日経平均は一時的に戻したものの、当面は調整が続く
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/27 21:21
NYダウ 週間1413ドル安 リーマン以来の下げ
NYダウ 週間1413ドル安 リーマン以来の下げ 3月23日の日経平均の下落は下げ幅が974円もあり、大きかったです。NYダウが下げたのと同じ様な下げでした。23日夜間のNYもまた424ドル安と連続で下げましたので、月曜日(26日)の日経平均もおそらく下げるものと思われます。NYダウは週間下落幅1413ドル、同下落率5.7%という値となり、リーマン以来の下げ幅であると日経新聞の3月24日付け夕刊が報じています(※1)(※2)。 (NYダウ6ヶ月間:SBI証券HPより引用) (日経平均6ヶ月:SBI証券HPより引用) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/24 16:17
NYダウ(日経平均)はもう少し調整
NYダウ(日経平均)はもう少し調整 過去10年間の、NYダウと日経平均のチャートを見てみますと、リーマンショック以降、NYダウの方が上昇率は大きくなっています。これは金融政策の差異によるところが大きいものと思われます。2012年(平成24年)12月26日に第二次安倍内閣が成立し、アベノミクスに転換して以降は、日経平均の上昇も捨てたものではありません。2013年3月20日には、現在の黒田東彦氏が日銀総裁に就任して異次元の金融緩和に転換しています。 (NYダウ・日経平均10年間:SBI証券HPより引用) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/21 12:25
投資口座の円貨・外貨の区分け
当室管理人はどんぶり勘定が大好きなので、これまでは投資口座として使用していましたSBIと楽天とで、適当に半々に資金を振り分けて、個別株をSBIで取扱い、投信を楽天で購入するという区分けをしておりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/14 10:15
森友問題で内閣退陣なら日経平均は2000円級の下げに見舞われる・山崎元氏
財務省の文書書き換え問題について、ダイヤモンド・オンラインに山崎元さんの見解が出ていましたので、転載しておきたいと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/14 09:21
中国経済、日本のバブル崩壊直前と酷似で危険水域か
ここのところ、中国における巨大企業の整理・淘汰が進行している様子が窺えます(※1)(※2)。総資産2兆元(約34兆円)で中国3位の保険会社「安邦保険集団」が一時的に国有化された報道もありましたし、それ以外にも、中国政府がバランスシートの整理・縮小を指導している大企業が複数ある様子です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/07 21:27
投資の神様ピーター・リンチが語る「完璧な株の条件」と20のアドバイス=山田健彦
マネーボイスに、ピーターリンチの箴言が掲載されているコラムがありましたので、引用しておきたいと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/11 12:57
車にかかる年間費用100万円超…車を手放せばお金が貯まる
車にかかる年間費用100万円超…車を手放せばお金が貯まる たまに会社の同僚との話に出ますが、マイカーというのは相当に家計の負担となっている様です(※1)。当室管理人は、以前説明しましたようにマイカーは持っておりません。運転が下手だというのが持たない理由の第一ではありますが、運転自体が負担に感じるので、20年以上前に手放しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/10 20:28
米国発の乱高下相場は絶好の投資チャンスなのか?
米国発の乱高下相場は絶好の投資チャンスなのか? 2月5日の週は日米とも株価が乱調でしたが、当室は1月から利確をこまめに実施してポジションに余力を残しておりましたので、フル・インベストメント状態よりはどうにか被害が少なくて済んでいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/10 09:23
大きなリスクを背負わないバリュー株投資法 かぶ1000さん
かぶ1000氏の個別株投資については、かなり参考となりますので、ZUUオンラインの記事を引用しておきたいと思います(※1)。バリュー投資家の方です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/03 13:06
外貨準備増は中国自滅のシグナル 習近平氏の野望、外部からの借金なしに進められず
外貨準備増は中国自滅のシグナル 習近平氏の野望、外部からの借金なしに進められず ZAKZAKに中国の外貨準備に関するデータが掲載されていましたので、転載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/14 16:26
退職金受け取り 一時金方式と年金方式それぞれのメリット
退職金の受け取り方法としては、節税面から見ると一時金として受け取る方が有利なようです(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/07 21:44
マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化
備忘記事として引用しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/06 08:19
2018年は米国利上げの状況を注視
2018年は米国利上げの状況を注視 米国の長短金利の逆転(逆イールド)は、今年一番の注目点だと思います(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/01 12:03
普通の収入の会社員でも「資産1億円」は可能! 億超えを果たした人の傾向を分析
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/27 16:58
2018年、株価が下落する「7つの要因」とは/山崎 元
山崎元さんによる恒例の相場見通し。当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/17 10:11
ナスダック、ビットコイン先物取引を2018年に開始=関係筋
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)(※2)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 19:23
報道されぬ2020年危機。日本経済があと3年で「どん底」に落ちる3つの理由=藤井聡
2019年10月に予定されている消費税増税(8%→10%)は確実に日本経済にマイナスの影響を与えますので、その点は注意が必要です(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 18:43
天皇陛下 再来年(2019年)4月30日退位 皇太子さま5月1日即位 固まる
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 18:08
12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦闘機6機
12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦闘機6機 11/28付けの記事ですが、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。なお、NHK NEWS WEBによれば、本日11/29未明にまた北朝鮮がミサイルを発射して日本海に落下しました(※2)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/29 09:02
石油、天然ガス市場の近未来(勝つのは、米国)
参考記事として、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/25 17:51
株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方
大局的に見て、現在の相場水準は、まだ大丈夫という感じの様です(※1)。米国経済が堅調ですし、その割にバブルに対する警戒発言がちらほら出てきていますので、そうした場合はまだ弱気の投資家が一定数存在している正常なマーケット状態ということになります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/22 18:47
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017への投票をしておきました
何年かぶりに、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017へ投票しておきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/19 13:55
習近平の愛想の良さが気になる
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/18 07:49
米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」
当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/14 21:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

マクロ経済動向と資産運用形成 研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる