ヘッジ・ファンドの投資動向(3)

2月15日のロイターに、ソロス・ファンドとポールソン・ファンドの持ち高速報が掲載されていましたので、そのまま転載しておきます。両ファンドともに、2010年末現在で、まだ金ETFを大量に保有しているようです。米国金利が上昇する気配を見せていますが、両ファンドはいつまで金ETFを保有する方針なのでしょうか。

以前、当ブログでも、ポールソン・ファンドが金価格は2400ドルまで上昇すると予想していることを書きました。しかしながら、さすがに当室もそこまでは強気にはなれません。FRBによる6000億ドル枠の米国債買い取りが今年6月まで継続されるとするならば、金価格は、まだもう少し上はあるかも知れませんが、米国景気の回復度合いから見て、金の上昇相場もそろそろ終盤に差し掛かっているものと思います。金には利息が付かないため、米国債の利回りが上昇すると相対的に魅力が低下するためです。

FRBはいきなり政策金利を上げるようなことはしないでしょうが、雇用情勢や景気指標を確認しながら、年内には緩和姿勢を少しずつ変更し始めるものと思われます。6000億ドルの米国債買い取り枠も、6月になる前に削減するかも知れません。

なお、当室は少しばかり保有していた金ETF等は、金価格の動きが鈍ったので、1月に処分してしまいました。


(以下引用)
〔情報BOX〕米主要ヘッジファンドの2010年末の株式保有上位5銘柄(2011年 02月 15日 ロイター)

[ニューヨーク/ボストン 14日 ロイター] 米バークシャー・ハザウェイ、ソロス・ファンド・マネジメント、ポールソンなど主要ヘッジファンドは2010年12月31日時点の株式保有状況を米証券取引委員会(SEC)に報告した。
各社の報告に基づく、2010年末時点での米上場株式保有高トップ5(金額ベース)は以下の通り。増減の欄は2010年9月末時点からの株式数の増減を示す。

<バークシャー・ハザウェイ>
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる同社は、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の株式をすべて売却した。

 銘柄 金額(10億ドル) 株式数 (1000株) 増減

1.コカ・コーラ   $13.15   200,000.0  横ばい
2.ウェルズ・ファーゴ  $10.62   342,623.9  増加
3.アメックス  $6.51   151,610.7  横ばい
4.P&G      $4.93   76,766.0  横ばい
5.クラフト・フーズ  $3.32   105,214.6  横ばい


<ソロス・ファンド・マネジメント>
米著名投資家ジョージ・ソロス氏が率いる同社は大量の金保有を維持。同社の金ETF(上場投資信託)を通じた2010年末の金保有高は7億7400万ドル超に相当する。

  銘柄 金額(100万ドル) 株式数 (1000株) 増減(1000株)

1. SPDRゴールド  $655.0  4,721  + 25
2. インターオイル   $356.1  4,966  + 922
3. モンサント  $229.2  3,291  - 3,231
4. ローソン・ソフトウエア(*) $226.9  $215.1  + $1.3
5. デルタ航空  $185.6  14,731  + 11,040
*転換社債(株式の代わりに右側と中央の欄は100万ドル単位で元本価値を表示)


<ポールソン>
米著名ヘッジファンドマネジャーのジョン・ポールソン氏が率いる同社も金重視の姿勢を変えず、金ETF保有を継続。景気回復を見込んで取得したシティグループやバンカメの株式保有を維持した。また、米バイオ医薬品会社ジェンザイム(GENZ.O: 株価, 企業情報, レポート)の株式への投資を大幅に増やした。ジェンザイムに対しては、仏医薬品大手サノフィ・アベンティスが買収を仕掛けている。

ポールソンはさらに、エネルギー会社アナダルコ・ペトロリアムの株式保有も増やした。

  銘柄 金額(100万ドル) 株式数 (1000株) 増減

1. SPDRゴールド  $4,369.7   31,500  横ばい
2. アングロゴールド・アシャンティ $2,015.9  40,949   -0.1%
3. シティグループ    $1,955.9   413,525  -2.5%
4. バンカメ      $1,652.3   123,861  -10%
5. アナダルコ   $1,620.5   21,278  +59%
http://jp.reuters.com/article/fundsNews/idJPnTK885338520110215
(以上引用)