S&Pが米国債を「AAプラス」に格下げ、見通し「ネガティブ」

S&Pが米国債の格付けをAAA→AAプラスに引き下げました。ただし、或る程度予想されていましたので、週明けの株価、債券価格への影響は軽微と思われます。ムーディーズとフィッチは据え置きとされています。

[以下、引用]
◆S&Pが米国債を「AAプラス」に格下げ、見通し「ネガティブ」(2011年 08月 6日 11:26 ロイターより)
「[ニューヨーク 5日 ロイター] 米格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)は5日、米国の長期信用格付けを最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げた。米国債が最上級の格付けを失うのは史上初。
S&Pは格下げについて、財政赤字削減計画が米国の債務の安定化には不十分との見方を反映したと説明した。
S&Pは、米国の新たな格付けの見通しを「ネガティブ」としており、今後1年から1年半の間にさらなる格下げが行われる可能性もある。

S&Pは声明で「格下げは、米議会と政権が最近合意した財政再建計画が、政府の中期的債務ダイナミクスの安定に必要とみられる水準に達していないとのわれわれの見解を反映している」と表明した。

オバマ大統領が8月2日に署名した債務上限引き上げ法案には、今後10年間で2兆1000億ドルの財政赤字削減策が盛り込まれたが、赤字削減規模はS&Pが必要とみている4兆ドルを大幅に下回った。

今回の格下げによって、いずれ米政府、企業、消費者の借入コストが上昇する可能性が高い。」


◆米格下げの警戒感は後退、レポ市場に影響出ればドル調達に支障も(2011年 08月 6日 ロイターより)
「大手海外格付機関の中で、ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスは2日、債務上限引き上げ法案の成立を受けて米国格付けに付与している最上格の格付け維持を表明。スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)だけが、見直しの結論を出していない。

 ニッセイ基礎研究所・上席主任研究員の徳島勝幸氏は「大手格付機関3社のうち、S&Pの1社だけが格下げに動いたところで、市場の影響はほとんどでないのではないか。安全性でUSトレジャリーに勝るガバメントボンドがあれば、資金シフトも予想されるが、むしろ米国債は質への逃避の動きで買われている。現在の状況ではそうした動きも出にくい」とみている。」

◆S&Pのホームページから、米国債格下げレポートの概要部分を引用、掲載しておきます。
United States of America Long-Term Rating Lowered To 'AA+' On Political Risks And Rising Debt Burden; Outlook Negative (August 5, 2011 from S&P report) 

Overview
· We have lowered our long-term sovereign credit rating on the United States of America to 'AA+' from 'AAA' and affirmed the 'A-1+' short-term rating.

· We have also removed both the short- and long-term ratings from CreditWatch negative.

· The downgrade reflects our opinion that the fiscal consolidation plan that Congress and the Administration recently agreed to falls short of what, in our view, would be necessary to stabilize the government's medium-term debt dynamics.

· More broadly, the downgrade reflects our view that the effectiveness, stability, and predictability of American policymaking and political institutions have weakened at a time of ongoing fiscal and economic challenges to a degree more than we envisioned when we assigned a negative outlook to the rating on April 18, 2011.

· Since then, we have changed our view of the difficulties in bridging the gulf between the political parties over fiscal policy, which makes us pessimistic about the capacity of Congress and the Administration to be able to leverage their agreement this week into a broader fiscal consolidation plan that stabilizes the government's debt dynamics any time soon.

· The outlook on the long-term rating is negative. We could lower the long-term rating to 'AA' within the next two years if we see that less reduction in spending than agreed to, higher interest rates, or new fiscal pressures during the period result in a higher general government debt trajectory than we currently assume in our base case.

[以上 引用]