H26.12.30現在の当室ポートフォリオ

変わり映えしませんが、12月30日付での当室ポートフォリオを掲載しておきます。9月からの変更点としては、外債投信が少し減って日本株がやや増加したというところです。
画像


ロシア危機(?)により、新興国への債券投資部分は不安感がありますし、情勢次第では円高局面となる可能性も否定できませんので、外債投信を減少させて国内回帰するのも保守的で妥当かと思います。

原油価格が上昇に転じるまで、ロシア情勢およびそのマイナス波及効果は油断できません。欧州も底割れしそうな雰囲気濃厚ですので、海外投資するとすれば、やはり米国のみでしょうか。ちなみに、当室の外国株投信の中身は米国株対象です。