H27.12.30現在の当室ポートフォリオ

H27.12.30現在の当室ポートフォリオは次の様に、現金ポジションが大きくなっています。

これまでたびたび触れております通り、やはり、中国経済の動向に大きな不安がありますので、少し処分的にはムリを重ねて損失が拡大した嫌いはありますが、当面は現金ポジション中心の姿勢を維持する方針でいます。

残りの日本株についても、情勢を確認しながら処分する予定です。

画像