2020.06.30現在のポートフォリオ

6月末現在のポートフォリオは次の様になっています。変わり映えしておりません。
20200630.png
現金比率がまだまだ高い状態ですが、米国株はトランプ落選を織り込み始めているからなのか、やや変動幅が大きくなっています。変動幅が大きい場合は近々下げる、というのが当室の経験則ですので、投資意欲は足踏み状態です。一方で金融政策の効果が、半年経過すれば効いて来るのもまた事実であります。FRBが3月に大幅緩和を行っていますので、おそらく9月か10月には効いてきます。今回は、量的緩和だけでなく、財政も出動していますから、近々多少下げることはあっても、結果的にはバブリーな状況に立ち至るものと思います。下げたら、そこは押し目とみるべきなのでしょう。現状、トランプは不利ですが、何か目立つ行動を起こす可能性もあります。日本も米国に合わせて衆議院解散・総選挙を行う可能性が高くなっています。様子見で、下げたら買いとします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント