テーマ:投資環境の所見

NYダウ 週間1413ドル安 リーマン以来の下げ

3月23日の日経平均の下落は下げ幅が974円もあり、大きかったです。NYダウが下げたのと同じ様な下げでした。23日夜間のNYもまた424ドル安と連続で下げましたので、月曜日(26日)の日経平均もおそらく下げるものと思われます。NYダウは週間下落幅1413ドル、同下落率5.7%という値となり、リーマン以来の下げ幅であると日経新聞の3月24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYダウ(日経平均)はもう少し調整

過去10年間の、NYダウと日経平均のチャートを見てみますと、リーマンショック以降、NYダウの方が上昇率は大きくなっています。これは金融政策の差異によるところが大きいものと思われます。2012年(平成24年)12月26日に第二次安倍内閣が成立し、アベノミクスに転換して以降は、日経平均の上昇も捨てたものではありません。2013年3月20日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資口座の円貨・外貨の区分け

当室管理人はどんぶり勘定が大好きなので、これまでは投資口座として使用していましたSBIと楽天とで、適当に半々に資金を振り分けて、個別株をSBIで取扱い、投信を楽天で購入するという区分けをしておりました。 それはそれとして相応に機能していたわけですが、この方法ですと、外貨と円貨の比率確認が割と不便ですので、外貨(外国株)は楽天、円貨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友問題で内閣退陣なら日経平均は2000円級の下げに見舞われる・山崎元氏

財務省の文書書き換え問題について、ダイヤモンド・オンラインに山崎元さんの見解が出ていましたので、転載しておきたいと思います(※1)。 「早ければ今春にも、もしくは秋にも安倍政権が終わるとすると、いずれの場合も株価にとっては大きな悪材料だ。」ということで、財務省の文書書き換え問題の影響は、結構深刻な状況下にあります。 安倍総理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国経済、日本のバブル崩壊直前と酷似で危険水域か

ここのところ、中国における巨大企業の整理・淘汰が進行している様子が窺えます(※1)(※2)。総資産2兆元(約34兆円)で中国3位の保険会社「安邦保険集団」が一時的に国有化された報道もありましたし、それ以外にも、中国政府がバランスシートの整理・縮小を指導している大企業が複数ある様子です。 中国経済は、いよいよ本格的に、きな臭くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国発の乱高下相場は絶好の投資チャンスなのか?

2月5日の週は日米とも株価が乱調でしたが、当室は1月から利確をこまめに実施してポジションに余力を残しておりましたので、フル・インベストメント状態よりはどうにか被害が少なくて済んでいます。 今回の乱調は、米国株がややハイペースで上昇していましたので、そのスピード調整という理解でよいのではないかと思います。米国の経済情勢は比較的好調の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなリスクを背負わないバリュー株投資法 かぶ1000さん

かぶ1000氏の個別株投資については、かなり参考となりますので、ZUUオンラインの記事を引用しておきたいと思います(※1)。バリュー投資家の方です。 [以下、引用] ◆(※1)14歳から株式投資?大きなリスクを背負わないバリュー株投資法 かぶ1000さん ZUUオンラインより カリスマの株式投資術(1) かぶ100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外貨準備増は中国自滅のシグナル 習近平氏の野望、外部からの借金なしに進められず

ZAKZAKに中国の外貨準備に関するデータが掲載されていましたので、転載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)外貨準備増は中国自滅のシグナル 習近平氏の野望、外部からの借金なしに進められず 2018.1.12 ZAKZAKより 新聞各紙は「中国の外貨準備、3年ぶり増加」(日経新聞8日付朝刊)などと報じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化

備忘記事として引用しておきます(※1)。 「マザーズとジャスダックが統合すれば、上場企業数が約1000社、企業価値を表す時価総額の合計が約16兆円の市場が誕生する。」 [以下、引用] ◆(※1)マザーズとジャスダック統合検討…市場活性化 2018.1/6(土) 6:12配信 読売新聞/ヤフー・ニュースより …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年、株価が下落する「7つの要因」とは/山崎 元

山崎元さんによる恒例の相場見通し。当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)2018年、株価が下落する「7つの要因」とは 相場は上昇継続でも、そろそろ何かあるかも 山崎 元 : 経済評論家 2017年12月16日/東洋経済オンラインより抜粋 12月も中旬に入った。そろそろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナスダック、ビットコイン先物取引を2018年に開始=関係筋

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)(※2)。 [以下、引用] ◆(※1)ナスダック、ビットコイン先物取引を2018年に開始=関係筋 2017年11月30日 05:21ロイターより [ニューヨ-ク 29日 ロイター] - 市場運営会社の米ナスダックが仮想通貨ビットコイン先物の取引を2018年に開始する計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道されぬ2020年危機。日本経済があと3年で「どん底」に落ちる3つの理由=藤井聡

2019年10月に予定されている消費税増税(8%→10%)は確実に日本経済にマイナスの影響を与えますので、その点は注意が必要です(※1)。 一方で、経済とは直接は関係ありませんが、陛下のご退位が2019年4月30日と決まり、元号も変更となります。元号が変更となる時期には、何故か不思議と日本経済には激震が走ります。 昭和2年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦闘機6機

11/28付けの記事ですが、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。なお、NHK NEWS WEBによれば、本日11/29未明にまた北朝鮮がミサイルを発射して日本海に落下しました(※2)。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石油、天然ガス市場の近未来(勝つのは、米国)

参考記事として、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)もう中東に用はない。シェール革命で米が捨てた「火薬庫」の運命 2017.11.25 マグマグ・ニュース by 北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』 かつてのアメリカにとって極めて重要度の高かった中東ですが、「シェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株価暴落「危険なシグナル」の簡単な見つけ方

大局的に見て、現在の相場水準は、まだ大丈夫という感じの様です(※1)。米国経済が堅調ですし、その割にバブルに対する警戒発言がちらほら出てきていますので、そうした場合はまだ弱気の投資家が一定数存在している正常なマーケット状態ということになります。 言い古されていることですが、バブルの最中は、ほとんどの人が強気になっています。そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の愛想の良さが気になる

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)習近平はなぜ愛想が良くなったのか 2017/11/17(金) 18:40配信 ホウドウキョク /ヤフー・ニュースより 習近平の愛想の良さが気になる 最近、習近平氏の愛想の良さが気になる。 3年前の日中首脳会談では安倍首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】米政府が裏切り外交連発の韓国を敵視 当局「トランプ氏は訪韓中、ずっと怒っていた」 2017.11.14 ZAKZAKより 問答無用の布陣だ。米海軍の原子力空母3隻、ロナルド・レーガン(左端)ニミッツ(左から2隻目)、セオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日経平均は下がらない」 億トレーダーが注目する4つの材料

日経平均は、買いにくいままスルスルと上昇してひとまず小休止、という状態です。今回の上げは買いにくかったため、押し目待ちに押し目なし、という状況下、少額の資金投下しかできておりません。 ところで、ここからどうするか、という判断になりますが、まだ、どうやら大きな下げはなさそうな印象を持ちます(※1)。上昇チャートの上昇ペースが、それほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人民解放軍特殊部隊の潜入作戦検討か

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】迫る中国の北切り 米韓軍事演習だけでは暴発防げない?人民解放軍特殊部隊の潜入作戦検討か 2017.10.17 ZAKZAKより 朝鮮半島情勢が再び緊迫している。北朝鮮で弾道ミサイルの発射台に動きが見られるうえ、米原子力空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半島情勢は、年末にかけて緊張が高まる様相

半島情勢は、年末にかけて緊張が高まる様相を呈しています(※1)。日本は衆議院選挙期間中で10月22日の投票日までは、半島情勢は二の次になっていますが、この間も油断はできません。 現状、選挙での自民党優勢という状況下、日経平均株価は上昇していますが、選挙終了後には期待感が剥落して調整下落ということもよくある話です。今回は安倍総理も消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野寺防衛相、北問題で重要発言「トランプ氏がアジア歴訪後に判断」「緊張高まるのが今年の暮れから来年」

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)小野寺防衛相、北問題で重要発言「トランプ氏がアジア歴訪後に判断」「緊張高まるのが今年の暮れから来年」 2017.10.12 ZAKZAKより 小野寺五典防衛相が、北朝鮮問題で重要な発言を行った。ドナルド・トランプ米大統領は11月上旬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚がく!米朝軍事衝突急加速か 北が先制攻撃、日本も標的 選挙期間中に「発射ボタン」の危険

当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)驚がく!米朝軍事衝突急加速か 北が先制攻撃、日本も標的 選挙期間中に「発射ボタン」の危険 2017.10.5 ZAKZAKより 10・22衆院選が盛り上がっている。安倍晋三首相は「国難突破解散」と名付けて、朝鮮半島危機に対応する日本のかじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリスマ主婦トレーダーが相場暴落時もロスカットしない理由

今般見かけた下記コラムの「ロスカットは安易にすべきではない」という話には、なかなかの説得力があります(※1)。 当室管理人も日中の取引ができないために?ロスカットは手際が悪く、手遅れ的塩漬けとなるケースがままありますが、本来的にはロスカットは性格的に気乗りがしないという部分もあります。大抵の場合はロスカットではなくナンピン買い下が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月「核実験」「ICBM発射」強行なら米軍が正恩氏殲滅 潜入済みのCIA工作員

米朝双方、引っ込みのつかない情勢になっているようです(※1)。いろいろな情報が錯綜しています。下記の記事についても確証はありませんが、隣国との戦争だけは避けたいところです。 [以下、引用] ◆(※1)【スクープ最前線】10月「核実験」「ICBM発射」強行なら米軍が正恩氏殲滅 潜入済みのCIA工作員、中国人質に習氏激怒 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサイルと解散総選挙と株価との微妙な関係・山崎 元氏

東洋経済オンラインに掲載されていました山崎元さんのコラムを引用しておきたいと思います(※1)。要点は次の点です。なお、競馬は当室の所管外ですので、省略します。 ①当面、日本の投資家にとって、実質的に最大の材料は来年3月の日銀総裁人事であり、金融緩和政策の十分な継続が期待できる人選になるかどうかだ。 ②もう一点、ジャネット・イエレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スクープ最前線】中露も北開戦準備、正恩氏が命乞い 怒りのトランプ氏、文氏の『問題児・裏切り者リスト

在韓米軍家族の移動! これが開始されるようですと、本当の戦争となりそうです(※1)。 イラク戦争の時は艦船がペルシャ湾へ集結して行く動きが明確に分かりましたが、今回は米韓軍事演習である程度すでに集結していますので、艦船の動きだけでは明確には分かりません。 当室はすでに米国ETF以外は、手持ちポジションを縮小していますが、さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極めて優秀な「チーム金正恩」 至高の目標は“金王朝体制のサバイバル”

北朝鮮に対する米国の「大規模な軍事オプションは有り得ない」という基本路線でよろしいかと思います(※1)。 米国金利の上昇スピードも、そろりそろりと低速のようですので、中国経済も崩落は緩慢、当面は株価横ばいという感じでしょうか。 [以下、引用] ◆(※1)【世界政治のキーマン】極めて優秀な「チーム金正恩」 至高の目標は“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産バブル崩壊シナリオ「東京でも半値に暴落する」と識者・要検討

大事だと思われる記事がありましたので、当室管理人ノーコメントで引用・掲載しておきます(※1)。 [以下、引用] ◆(※1)不動産バブル崩壊シナリオ「東京でも半値に暴落する」と識者 提供:NEWSポストセブン  2017.8.15 首都圏を中心に不動産市場が「局地バブル化」している。2017年上期(1~6月期)に売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ、3年ぶり国債発行再開へ

何と、これは・・・(※1)。ギリシャ国債発行再開ですと! ギリシャ国債とAIIB債、うーむ、買うとしたならばどちらでしょうか。AIIB債の方が幾分ましですか、金利水準にもよりますが、格付けが一応トリプルAですから。 7月11日に報道されたアルゼンチンの100年債が、「発行は6月末で利回りは約7.9%。30億ドル弱の発行額に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の継続的な利上げはやや難しいと考えるのが妥当

東洋経済オンラインに掲載されていましたが、FRBが「無理に利上げをして、株価が下げてしまえば、景気悪化への道に進むリスクも高まる。これは、米国にとって最悪のシナリオである。原油安を背景に、インフレが上がってこない中で利上げを市場に織り込ませることはかなり難しい」という所見は、妥当性が高いと思います(※1)。 米国の金利上昇は、慎重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more